2013年 活動報告

宮定コーディネーター
宮定コーディネーター

 2013年12月4日 まちづくり懇話会

「阪神・淡路大震災後の復興まちづくりから石巻の今後を考える」 

 

 阪神・淡路大震災(1995年)の2ヶ月後、火災で延焼した神戸市長田区御蔵地区に、地域住民が「まちに人を戻そう!」とまちづくり協議会を設立しました。今回は、その現場に当初より事務局を置き、復興まちづくりに関わってきた「外部支援者」の宮定氏(復興大学コーディネーター)から神戸での経験をお聞きします。「外部支援者」は何をすべきか?その立ち位置は?今後のまちづくりの関わり方に思いをめぐらす場になれば幸いです。

 

 

 「住民と外部支援者の協働のまちづくり~継続的にまちづくりに関わる上での葛藤~」

      特定非営利活動法人 まち・コミュニケーション 代表理事 

                       工学博士(神戸大学) 宮定 章氏 

 

 

 

 

 貴重な講演ありがとうございました。

 2013年11月29日 石巻専修大学 ICT オープンカレッジ

 

 第17回 セキュリティに関する講座

 シマンテックより講師を2名派遣し、セキュリティの基礎講座を開催した。

 

 

 修了式

 80%以上出席の方対象に修了証書を授与した。対象者は26名。内、15名が皆勤での出席。

 

 参加者 27名

2013年11月28日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第16回 タブレットの活用講座② 

 タブレットの基本操作、設定方法、アプリダウンロード方法など

 

 参加者 24名

2013年11月22日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第15回 WEBサービス活用講座② 

 SNSの活用(Facebook、Twitterなどの紹介)

 

 参加者 25名

2013年11月21日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第14回 WEBサービス活用講座 

 WEB検索~画像保存、メール送受信~画像添付など

 

 参加者 26名

2013年11月20日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第10回 自習・補習時間   

 エクセルの自習

 

 参加者 7名

 2013年11月15日 石巻専修大学 ICT オープンカレッジ

 

 第13回 エクセル活用②

 かんたんな家計簿の作成

 

 参加者 27名

2013年11月14日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第12回 エクセル活用①   

 便利な関数の練習

 

 参加者 25名

2013年11月13日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第9回 自習・補習時間   

 エクセルの自習

 

 参加者 8名

2013年11月8日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第11回 エクセル基礎④    

 グラフ作成、テーブル機能など

 

 参加者 25名

2013年11月7日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第10回 エクセル基礎③    

 計算(関数)など

 

 参加者 25名

2013年11月6日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第8回 自習・補習時間   

 エクセルの自習

 

 参加者 8名

2013年11月1日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第9回 エクセル基礎②    

 計算(四則演算)など

 

 参加者 26名

2013年10月31日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第8回 エクセル基礎①    

 エクセルの基礎、使い方、表の作成、オートフィル機能など

 

 参加者 24名

2013年10月30日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第7回 自習・補習時間   

 ワードの自習

 

 参加者 11名

2013年10月25日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第7回 ワード活用③    

 イラスト・写真入りチラシの作成

 

 参加者 25名

2013年10月24日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第6回 ワード活用②    

 写真の取込、写真の加工~保存など

 

 参加者 26名

 2013年10月23日 石巻専修大学 ICT オープンカレッジ

 

 第6回 自習・補習の時間

 ワードの自習時間

 

 参加者 12名

 2013年10月18日 石巻専修大学 ICT オープンカレッジ

 

 第5回 ワード活用①

 引っ越し案内のはがき作成。図形を使った地図の作成。

 

 参加者 28名

2013年10月17日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第4回 ワード基礎③    

 段落の書式設定の復習、表の挿入~装飾、ワードアートの挿入

 

 参加者 27名

2013年10月16日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第5回 自習・補習時間   

 ワードの自習

 

 参加者 3名

2013年10月11日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第3回 ワード基礎②    

 データの保存、開き方(復習)、文章入力続き、

 段落の書式設定(右揃え、中央揃え、インデント、字下げ、均等割付け、フォントサイズ変更)

 

 参加者 27名

2013年10月10日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第2回 ワード基礎①    

 データの保存、開き方、フォルダー作成、ページレイアウト、文章入力

 

 参加者 28名

2013年10月9日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第4回 自習・補習時間   

 キーボード入力練習、マウスの練習など

 

 参加者 7名

2013年10月8日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第3回 自習・補習時間   

 キーボード入力練習、マウスの練習など

 

 参加者 11名

2013年10月7日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第2回 自習・補習時間   

 キーボード入力練習、マウスの練習など

 

 参加者 11名

2013年10月4日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第1回 自習・補習時間   

 キーボード入力練習、マウスの練習など

 

 参加者 13名

2013年10月3日 石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ 

 

 第1回 テレワークについての講座    

 一般社団法人 日本テレワーク協会から講師を呼び、テレワークについての働き方などについて講演していただきました。

 

 参加者 29名

杉田センター長
杉田センター長

石巻専修大学 第3期 ICTオープンカレッジ開講式

 

 石巻専修大学が被災地の早期復興を目的に復興共生プロジェクトでは、被災地域の防災と復興に関わる事業を展開するとともに、BHNテレコム支援協議会と協働でこれらの事業を通じて復興を担う人材の育成を目指しています。

 特に石巻エリアの主要産業である漁業、水産加工業等を生業とする家内工業、中小企業の復興に資するため、関係者のITスキル向上を図ります。

 これらを達成するために本講座は、基礎講座を中心に学び、基礎的なスキルを活用する練習を行います。このことにより、中小企業等の必要とするITスキル人材、地元水産加工物のネット販売等に必要な人材が育成できます。また、災害時等を含め、地域に特化した情報の受信、外部への情報発信が容易にできることを目的とします。

 また、講習だけでは不安という方のために自習できる場を設けました。講師等が常駐し様々な疑問や質問等に丁寧に対応してまいります。

2013年4月10日 定例会

 

・佐須浜オープンカレッジの報告(石垣CD、大山CD)

・杉田センター長よりワンストップサービスの今後の活動について

  ワンストップサービスの本来の目的や意味を考えて活動を進めていくことが必要。復興大学として扱うのにふさわしい事業は何か、などもしっかり考え直す必要がある。今年度は大学や専門機関、NPOとの連携も視野に入れる。

2013年4月3日 定例会

 

 若月昇前センター長の後任として今年度より新センター長となりました杉田博先生を迎え、今年度最初の定例会議となりました。

 前年度からの石巻センターの業務内容の見直しや、仙台センターの意見を聞きながら効果の上がる活動を進めていくことを確認した。

2013年3月27日 定例会

 

・ICTオープンカレッジ(佐須浜地域)の開催について(石垣CD)

・東北多文化アカデミー押谷先生より依頼があった外国人労働者受入(介護)での施設の調査を開始

 21日・26日には、東松島市の施設訪問に行った際の報告(北条TCD、大山CD、四倉CD)

2013年3月26日 石巻専修大学ICTオープンカレッジ 第2期基礎編 修了式

 

2月5日~3月26日 毎週火・木曜日 13:30~15:30にてワード基礎・エクセル基礎、応用・パワーポイント基礎、応用といった内容の講座で行ってきました基礎編も修了となりました。今回もたくさんの受講生の方々が修了することができました。

2013年3月25日 石巻専修大学ICTオープンカレッジ 第2期応用編 修了式

 

2月4日~3月25日 毎週月曜日 13:30~15:30 場所を石巻ルネッサンス館をお借りしホームページ作成を中心に行ってきたオープンカレッジも今日で修了となりました。4名の方が修了証を手にいい笑顔ですね。

2013年3月13日 定例会

 

・今年度び予算執行率、次年度の予算案について

・業務報告

・介護資格者の必要性の実態調査について

・オープンカレッジのPC講座のスケジュールについて

2013年2月27日 定例会

 

 ・若月センター長より今年度の総括と次年度への引き継ぎについて

 ・ICTオープンカレッジ講師を石垣氏が担当。

  伊東CDの携帯型心電計の補助員も新年度には必要であるが、候補者として今年度の卒業生を予定している。

 ・復興大学として仙台も含めて業務報告会や研究会を立ち上げることも検討。

  業務報告書を中心にリーフレット的なものを月に2回程度発

                   行する。

                    ・外国人介護特区について議論

2013年2月20日 定例会

 

・防災すごろくタブレット版をバーションアップさせるため、内容について再検討(四倉CD)

・H24年度ICTオープンカレッジ講師阿部CD後任として本年度大学院修士を修了する石垣氏が候補

・携帯型心電計による地域貢献業務について

・外国人介護特区申請について

・介護特区に関するアンケート案について

2013年2月13日 定例会

 

 ・ICTオープンカレッジについて

 ・防災キャラバンについて

 ・東北多文化アカデミーの押谷先生より介護特区として石巻市に外国人の人材育成学校を造れないか?といった相談を受け、CDと議論。

2013年2月7日 石巻かほく朝刊

 

 

 

 

ICTオープンカレッジ講師 阿部真司コーディネーターが石巻かほく朝刊、同じく石巻日日新聞の夕刊に取り上げられました。

2013年2月6日 定例会

 

・外国人介護受入について特区として行ったらどうかとの提案

・来年度の事業計画

  外国人実習生の受入に関しての現場施設の聞き取り調査を春までに計画(四倉CD)

  ICTオープンカレッジの沿岸集落での実施について。現在3か所の予定は決定(阿部CD)

  携帯型心電計の石巻信用金庫実施分についての報告(伊東CD)

 

2013年2月5日 石巻専修大学ICTオープンカレッジ 第2期基礎編

期 間 2月5日~3月26日

時 間 毎週火・木曜日 13:30~15:30

会 場 石巻ルネッサンス館2階(石巻開成1-35)

受講料 無料

 

募集人数30名でしたが、今回も予想を上回る方のご応募があり、お断りするのが申し訳なくただただ謝るばかりでした。(すみません<(_ _)>)

 

基礎編コース開講式にはBHNより佐藤副理事長に挨拶をしていただきました。

 

2013年2月4日 石巻専修大学 ICTオープンカレッジ 第2期応用編

期 間 2月4日~3月25日

時 間 毎週月曜日 13:30~15:30

会 場 石巻ルネッサンス館2階(石巻市開成1-35)

受講料 無料

 

前回、好評を得て修了したICTオープンカレッジの第2期が始まりました。今回は応用編と基礎編を別な曜日にする事で、内容の濃い受講ができるようにしました。

 

応用編コース開講式には石巻センター長 若月先生に挨拶をしていただきました。

 

2013年1月30日 定例会

 

各コーディネーターより今年度の活動報告について

 ・PC講習会(佐須浜・東浜・大原・他地区)についての計画案として一か所(2カ月の期間)で週2回(月・火)の開催、全10回で終了予定である。(阿部CD)

 ・今年度の実施個所を見直しながら、来年度計画として新たに小学校の学童保育の子供たちを対象に実施計画を立てている。(伊東CD)

 ・桃浦地区、佐須浜地区、狐崎地区、東松島市地区の牡蠣の養殖など今後も連絡を取り合いながら調査していく。(北條TCD・大山CD)

 ・防災研修・被災地ツーリズム、労働力不足解消(水産加工業に於ける外国人労働力の受入)、ジオラマ(四倉CD)

2013年1月23日 定例会

 

 議題について・・・

   ICTオープンカレッジの件、活動のまとめと来年度計画に関して話し合う。

 

 ・ICTオープンカレッジ 2月4日より応用編、5日より基礎編の受講が開催される。

  来年度の計画として浜のパソコン講習会がJENとの協力の下開催の予定である。(阿部CD)

 

 ・活動のまとめとして石巻センターで掲げているタスクフォース9件について今、現在どうなっているのか?などを一人一人確認し、報告書のまとめを行う。

 支援企業として集計作業を実施しているが、石巻での企業の環境を見てみると、被災企業の数が圧倒的に多く復興大学の本来の目的である調査に基づき相談や問題解決のために大学教員とのマッチングを図るというような案件が非常に少ない。

 

 

2013年1月16日 定例会

 

平成24年度の事業状況報告と平成25年度の計画案について話し合った。

具体的な活動内容(平成24年4月~25年1月現在)

 ・復興事業における情報・コンピューター・通信技術(ICT)の活用支援活動

  ICTオープンカレッジ(初心者コース・復興事業地域指導者育成コース)

  テレワーキングの普及活動

 ・復興におけるクリーンエネルギー化や省電力化への支援活動

 ・携帯型心電計による被災者などの健康管理システムの検証と産業化の可能性調査

 ・水産業などにおける労働力不足への対応支援

 ・予算執行状況

定例会に参加されたNPO法人AHPネットワークス 二文字屋修氏はアジア(特にベトナム)の医療実習生の育成、支援をしている団体で今回の訪問は被災地での様々な取組を見学したいとの希望で会議に参加された。(写真左)

 

 

 

 

復興大学石巻センターの活動内容の一つとして携帯型心電計による被災者などの健康管理システムの検証を行っている。石巻信用金庫さんと連携して年金顧客を対象に無料の心電図測定サービスを始めた。

 

心電計事業が石巻かほくの紙面に記事として掲載された。

(平成25年1月13日)

 

2013年1月9日 災害廃棄物処理施設視察

 

 参加者 コーディネーター5名、JICA2名、専修大教授2名、学生12名

 

 震災直後から一年間、施設敷地は瓦礫の仮置き場になっていた。それを移動して昨年4月から施設建設を始め、8月から稼働を始めた。

 

視察内容

               ・鹿島JV鈴木氏より概要説明、DVDによる解説。

               ・バスにて敷地内見学。手選別による分別作業現場や稼働中の炉を見学。

2013年1月9日 定例会

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

今年最初の定例会です。

 ・第2期ICTオープンカレッジについて

  2月5日~3月26日(毎週火・木 13:30~15:30 基礎編)

  2月4日~3月25日(毎週月曜日 13:30~15:30 応用編)

   会場を石巻ルネッサンス館2階にて開催

                      基礎編 30名、応用編 10名募集

           前回、大変ご好評を得て修了しました。第2期もよろしくお願いします。

2012年12月19日 定例会

 

 ・がれき処理見学について

   平成25年1月9日(水)に説明付で見学

 ・22日(土)大矢根先生が来校打ち合わせについて

 ・平成25年度のコーディネーター各位の計画について

 ・伊東CNより水産会社の冷凍庫における使用電力の削減についての実証実験の報告

 

   今年度最後の定例会でした。来年度もよろしくお願いいた

                     します。

2012年12月12日 定例会

 

 ・12月9日(日)佐須浜牡蠣小屋オープンイベント参加報告

 ・シンヨー水産冷凍機エコビジロデモ検証報告

   北條TCNの会社 シンヨー水産でエア・ウォーター㈱よ

   りデマンドコントローラーによる

   使用電力量削減の調査結果について報告を受けた。

 

  年末年始のスケジュール

    12月26日(水)~1月6日(日)までお正月休み

 

2012年12月9日 佐須浜牡蠣小屋オープンイベントへ参加

 

 若月センター長、北條TCN、大山CN、阿部真司CNが佐須浜牡蠣小屋オープンイベントに参加。特定非営利活動法人JENの下、復興大学石巻センターとして来年度の婦人部による佐須浜会場研修(予定)の視察を兼ねて訪問した。

 B級グルメで牡蠣バーガーなども売られていました。牡蠣フライが挟まってソースで味付けさ

れていて美味しかったそうです。

2012年12月8日 復興大学石巻センターアドバイザー

         ㈱石巻青果 髙須賀専務取締役による講演会

         を開催

 

 復興大学のアドバイザーとして毎週水曜日に行っている定例会議に参加されての感想・今後の復興大学をどう進めていった方がいいのか。と言った内容で講演を頂きました。

 「被災地のニーズは刻々と変わってくる。それを的確にとらえ、企業や人の視点に立って行動していく姿勢が復興大学には必要ではないか。その積み上げが復興支援につながると思う。」(講演会内容を一部抜粋)

 お忙しい中、ご講演頂きましてありがとうございました。

 

2012年12月5日 定例会

 

今日の定例会は、若月センター長(電話での参加)・伊東CN・阿部真司CN・阿部直美ACの寂しい会議でしたが、内容は濃いものでした。

 以下の議題について話し合った

 ・ICTオープンカレッジ第2期講座について

 ・佐須浜会場研修

 ・赤外線によるデーター通信について

 

2012年11月28日 定例会

 

 来年度の復興大学の実行計画について若月センター長より話された。

コーディネーターがそれぞれ活動内容を再確認して復興大学として現地・現場に行って話を聞く事が大事である。午後よりコーディネーター会議にて話し合われた。

 

2012年11月22日 大矢根先生を招いて勉強会を開催(若月研究室)

 

 大矢根先生は6月にも専修大学に来られ、復興大学のコーディネーターと議論し、今回も石巻センターでの取組についてご意見・アドバイスを頂いた。

 

 <課題>

  ・震災直後の誤報について

  ・漁業権への企業の参加に関する件

                       家、港、漁業権(3点セット)

2012年11月21日 定例会

 

 ・水産特区申請した牡鹿半島桃浦の漁業者、企業(仙台水産)との面談の報告

 ・震災直後(3月14日)の渡波地区に於ける、津波警報誤報の調査の提案

 ・オープンカレッジが11月20日に後編修了

 

  上記の内容にて議論した。

 

2012年11月20 オープンカレッジ全講座修了

 

 8月より始まったオープンカレッジも無事修了しました。前編修了証対象者22名、後編修了証対象者28名。30名募集のところ前編講座が始まってからも募集の電話・問い合わせがある程、好評でした。オープンカレッジで学ばれた事を今後、就業・趣味に活かして頂ければと思います。

2012年11月14 定例会

 

 ・ガレキ置き場の立体模型について

 ・3月14日午前11時10分頃、津波警報が発令された誤報について

 ・ネクストステージ東北 生木氏の活動報告

 ・牡鹿半島、桃浦の水産特区申請について(四倉CN)

2012年11月10日 重川希志依客員教授との会議

 

 重川先生は11月10日(土)~11日(日)東北都市学会 公開シンポジウムにご出席されるために石巻専修大学に来られ、お忙しい中、復興大学での抱えている問題について貴重なご意見やアドバイスを頂きました。

2012年11月7日 定例会

 

・四倉コーディネーターより11月2・3日おおさき産業フェアの報告

・伊東コーディネーターより

  しみん市場

  ワーカーズコープ

  ハローワークでの失敗

  携帯型心電計

   上記についての報告があった。

2012年10月31日 定例会

 

  ・若月センター長から大学開放センター会議の話

  ・復興大学の在り方(活動)についてもう一度再確認

  ・協同組合ネクストステージ東北 生木大祐氏の話

  ・各コーディネーター活動報告

 

2012年10月24日 定例会

 

 ・11月2、3日  大崎   産業フェア

 ・11月8日    夢メッセ ビジネスフェア

 ・11月10、11日 公開シンポジウム 石巻専修大学5号館

 ・協同組合ネクストステージ東北 生木大祐氏から石巻市における実習生事業の現状の説明。

 

 上記の議題について議論した。

 

オープンカレッジ(タブレット編)

 

 10月19日(金)より鹿妻コミュニティハウス心の家において13時から15時タブレットの講座を「なかやしきっさ」と同様に計5回開催する。

2012年10月17日 定例会

 

 協同組合 ネクストステージ東北 代表理事 生木大祐氏を迎え外国人の留学生の受け入れについて協議した。生木氏は阪神淡路大震災を経験され東北復興のため、神戸の経験をと事務所を仙台に置き日々尽力されておられます。石巻の水産加工会社での中国からの研修生も震災の影響の他に尖閣の問題などで先行きが見えないでいる。今後も生木氏のご協力の下、石巻センターで調査・検討していく。

 

オープンカレッジ(タブレット編)

 

 10月15日(月)より計5回(毎週月曜日)のタブレットの講座を中屋敷「なかやしきっさ」において開催されました。

  第1回目はタブレットの基本操作とパソコンとの違いなどを説明。

 

2012年10月10 定例会

 

議題

  ・ビジネスフェアでの防災タブレットと復興大学のPRについて

  ・来年度の漁業に携わる女性のためのPC活用講座(案)について

  ・各コーディネーターの活動報告について

2012年10月3日

三菱商事㈱今野秀洋取締役との懇談会にて

 

 定例会後、13時半より今野秀洋取締役(石巻出身)にご参加頂き、復興大学石巻センターでの活動報告と抱えている問題について助言をいただきました。

 

石巻専修大学ICTオープンカレッジ後編開始

 

 9月25日より後編がスタートしました。前編は参加者の皆様から大変ご好評を頂きまして無事に修了する事ができました。後編では、ワード・エクセル・パワーポイントの基礎、応用の内容です。(写真は10月2日、32名の参加)

 

 

 

 

 

 

復興大学 石巻センターの北條卓夫チーフコーディネーターも講座に参加して、頑張ってます。

2012年9月26日 定例会

 

 議題

  ・シルバー人材の活用を考える

  ・オープンカレッジの経験を広げるために

  ・インドネシア研修生の受け入れについて

 

 今後、復興大学ではどのように関わっていったらいいのか若月センター長・コーディネーター・アドバイザーと共に引き続き進めていく。 

石巻専修大学ICTオープンカレッジ前編終了

 

 8月21日~9月20日の前編(10回)が終了しました。日本テレワーク協会の安積氏を講師に迎えて、テレワークの現状や登録の仕方など1時間ほど講義し、14:40より修了式を行い20名の方に修了証書が手渡されました。(みなさんいい笑顔ですね)

   後編は9月25日から始まります。

2012年9月19日 定例会

 

 毎週水曜日10時より若月センター長はじめコーディネーター・アドバイザーによる定例会議を行い、一週間のコーディネーターの活動報告・今後の展開などを話し合い、さまざまな意見交換が行われている。

 今日の議題は…

  ・オープンカレッジの今後の展開

  ・IT技術の必要性

  ・スマートシティー構想 

2012年9月12日 定例会

 

・石巻シルバー人材センター老齢者の雇用について

 現在石巻シルバーセンターの会員数は497人。震災前は700人がいた。年会費3千円(登録料)。60歳以上でシルバーセンターの主たる斡旋職種としては草刈り・植栽・農業補助などで重労働、高所、危険作業はなしといった仕事である。

 若い世代に会社を任せまだまだ働く事の出来る60歳以上の技術者などを対象にしたパソコンを重視したスキームも必要ではないか?復興大学ではシルバーセンターと協力し、仕事と人材のマッチングを図れないかを今後考えていきたい。

2012年9月5日 定例会

 

 ・東北復興次世代エネルギー研究開発プロジェクトがスタートしたとの報告

 ・理容店における携帯型心電計の利用について(JST申請の報告)

2012年8月29日 定例会

 

 タスクフォース№2で携帯型心電計での心電測定結果(ひらつか理容所)で新たに心臓に異常があると判断された方が専門病院で診察を受けるとの報告がありました。

 またすでに携帯型心電計で異常を発見し通院していた方が仙台の病院で手術を行うとの報告もあり現在、携帯型心電計の測定結果で通院、手術をなどの対応がとれた方は合計3名。

石巻専修大学ICTオープンカレッジいよいよ開講

 

 8月21日(火)13:00~会場を石巻信用金庫本店5階会議室をご協力のもとお借りし、開講となりました。1回目から3回目までタブレットを使っての講座で、受講者のみなさんは初めてタブレットを使用した方も多い中、石巻専修大学理工学部特命教授の近藤裕子先生の「タブレットを使って音楽を楽しもう」ではタブレットの中のソフトで♪ピアノの鍵盤を数字で覚えよう♪など盛りだくさんの内容で大変好評でした。

2012年8月22日 定例会

 

・復興大学石巻センターの運営について開設時から今までのうまくいったところと、反省すべきところがあげられた。

 

・水曜日の定例会議後、午後からコーディネーター会議と相談業務を行う。

  相談業務を毎週水曜日午後からと設定することで、全コーディネーターが集まっている為、相談~解決までの道のりが早い。       

 

2012年8月8日 定例会

 

  具体的な活動状況

    ・クリーンエネルギー開発関連

    ・情報・自動車など産業関連

    ・観光・健康産業支援

    ・学生の積極的参加による教育効果

2012年7月18日 定例会

 

 オープンカレッジの受講者募集を大学開放講座、石巻地域産学官グループ、石巻信用金庫様より募集を行う。

 

 期 間  8月21日~9月20日(前編)・9月25日~11月13日(後編)

 時 間  毎週火・木 13:00~15:00

 会 場  石巻信用金庫本店5階会議室

 受講料  無料

 

 

 

2012年7月11日 定例会

 

①地域復興支援ワンストップサービス・プラットフォーム石巻センターのこれまでの実施状況について

②オープンカレッジについて

 募集のチラシが完成し、これから募集活動に入る。

③青少年のための科学の祭典2012全国大会出展について

 7月28日(土)・29日(日) 東京(科学技術館)にて開催

 石巻大会については8月11日(土)・12日(日)に専修大学で行われる。

 

 

 

 

 

2012年7月4日 フランステレコムとの打ち合わせ

              

(JEN石巻事務所)

 

 

 

2012年6月27日 定例会

 

 議題 ①老舗割烹八幡家の宅配料理/出前割烹について

    ②観光キャンペーンへの支援活動の検討について

    ③スケジュール管理・企業訪問について

      

    上記について議論し、今後の進め方を話し合った。

   石巻センターでは、タスクフォースとして進行しているも

   のが9つあります。

    今後も更に企業訪問・調査を行っていきます。

   

 

 

 

2012年6月23日 定例会(若月研究室)にて

 

専修大学 人間科学部 社会学科 大矢根 淳教授を迎え、

復興大学で今、抱えているタスクフォースについて阪神・

淡路大震災での例を交えながらアドバイスや意見を述べられた。

 

 

タスクフォースNo2

携帯型心電計の理容店での運用

 

モデル理容所4店舗で運用開始しました。状況を見て随時増やしていく予定です。

2012年6月20日 各コーディネーターの報告会

 

今後の活動について検討。今後は、企業訪問に重点を置き活動することになった。

2012年6月13日 須田善明女川町長と携帯型心電計の運用について会談

 

復興大学石巻センターの事業(タスクフォースNo2.携帯型心電計の理容所での利用)を以前にお話した時に須田町長から女川町の離島には診療所がないところや緊急時にすぐに病院にいけないところがあり普段からの予防や健康管理が大切で、この携帯型心電計を利用できないかとのお話があった。

これから浦和学院高校、女川町健康福祉課と内容を詰めながら携帯型心電計の運用を展開していきます。

 

(須田町長とお話をする北條チーフコーディネーター)

2012年6月13日 定例会

①心電図について

②防災研修用タブレットについて

③復興大学オープンカレッジについて

④波力発電の可能性について

⑤11月10日・11日に専修大学で開催される東北都市学会について

 

上記項目について報告と今後の対応について協議した。

2012年5月28日 ディスティネーション・キャンペーンに出展

 ホテルメトロポリタン仙台にて開催されたDCに専修大学の丸岡先生・設樂先生、コーディネーター四倉氏が参加した。

 他のブースは観光だったが、南三陸町は防災ツーリズム、石巻は来場者に展示パネルとタブレットを使って防災学習についてPRをした。

 

 (タブレットを使って防災について勉強をしているむすび丸です)

2012年5月17日

Task Force 2  理髪店・美容院での心電図測定導入による顧客確保を遂行すべく、宮城県理容生活衛生同業組合石巻支部の支部長を訪問。プロジェクトの内容を説明し、快諾してもらう。さっそく3ヶ所の理容所へ設置をした。今後、設置個所を随時増やしていく予定。

2012年5月16日

防災学習について検討

防災学習をメインとした旅行プランを作ることができないか検討。タブレットに入っている「防災すごろく」を活用する。現在大人数の宿泊場所は確保することは難しいことから、松島市や山形県とかでもいいのではないか。地元の旅行会社と連携する。

 

2012年5月9日

オープンカレッジについて

大学の夏期休業期間と春期休業期間を利用して、情報通信技術とテレワークの実践的な活用方法を企業経営に取り入れることによって、地域中小企業の再生と発展を加速し、女性や中高年者等の職業能力を高め将来の労働力不足に対応することを目的として開催します。カリキュラムとしては、Word、Excel、PowerPointの基礎、応用実践のほかに、テレワーク実務活用プログラムとして、①地域における就業人口の将来予測と企業経営に与える影響 ②中小企業における情報通信技術活用の現状と課題 ③生き残るための経営革新の方向 ④企業経営におけるIT・テレワーク活用として、クラウド型テレワークシステムの活用方法、タブレット型端末の活用方法 になります。

開始時期・詳細については後日掲載します。

2012年4月25日

東北工業大学仙台センターから事務局の3名が来所し、意見交換を行った。仙台センターでは、各企業に出向いて問題点の発掘作業をしているとのこと。いまは、まだ調査段階。今後、その問題点をリストアップし、解決策を練る予定。

2012年4月18日

南三陸町商工会青年部部長と情報交換。震災前の南三陸町では観光によって収益を上げていたが、現在観光客の姿は少ないとのことです。観光客の誘致に防災セミナーを取り入れたい。石巻専修大学の共生センターで行っている「防災学習」を取り入れることに。これは、パネルによって津波だけではなく、土砂災害や火事なども意識した作りになっており、タブレットの中にも「防災すごろく」と称したアプリケーションをいれるなど、各地域に於いても学習できるように作られた。各地域の青年部と連携をし、各地域の小学校で開催を希望している。 

2012年3月11日

2012年3月11日現在の活動報告です。

 

Task Force 1  水産業での太陽光発電システムの導入を検討

Task Force 2  理髪店・美容院での心電図測定導入による顧客確保

Task Force 3  地域新聞社によるコミュニティの核となる情報センター機能 

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから